2017年01月16日

メルツァーのダンロップラケット

Melzer_MA14_(6)_-_Copy_(14424710582).jpg
現在開催中の全豪初日。
なんとか錦織はフルセットであがる。まだ調子がでていないのか。

それより目を引いたのはフェデラー戦、でのメルツァー。
そのラケットはダンロップ。
最近ではあまり使用プロを見かけなくなったブランドである。

日本の住友ラバーがダンロップブランドを持っているのだが
国内ではスポーツ関係はスリクソンブランドに移行中。
テニスの契約選手がほとんどスリクソンとなっている。

海外契約選手は今まであまり多くなかったが、本腰を
いれて獲得を始めたようだ。
もっともホットニュースはラドバンスカが今年から使用。

昔からダンロップブランドはワールドワイドモデルとは別に
各国の代理店会社が発売する国内限定モデルを認めていた模様。
海外で入手したダンロップには見たこともないものが多かった。

まだワールドワイドモデルが存在するのか、それとも
メルツァーのオーストリー代理店(または欧州?それとも英国?)
ちょっと不明だが久しぶりにDマークが見れてうれしい〜。
posted by goforit at 21:06| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2017年01月10日

新年の限定セール バボラオリジンを格安で

goforit-2014-02-19T20-13-24-1.jpg
バボラ新製品「ORIGIN」

原点を意味する単語「オリジン」。
それをつけられたバボラの最高価格ストリング。
打球感はがっしりしていながらマイルドさもあり
面の安定性にすぐれながら球弾きがスゴい。

新年のセールとしてこのストリングをお試し価格で
大放出します。3,700円を2,000円、
張り代込で4,000円でいかがでしょう!
高いだけあると納得のこのストリング。
限定10張り(125、130を5張りずつ)で早いもの勝ち。

以下は以前紹介した文章です。
ご参考に読んでください。

新製品というとポリ系やマルチばかりで、あまり発売されない
カテゴリーであるナイロンのモノフィラメントタイプですが
実は一番ベーシックで、誰でも使える性能なのです。
それゆえ開発が行きついてしまい目新しい特長が出しにくいので
なかなか新しいモデルがでてこないんです。
その代わりロングセラーが多いので、価格は安めな設定が多い。

バボラのオリジンは「飛び」に「ホールド」を融合
した製品。ナイロンとはデュポン社のポリアミド素材の名称
なので、それ以外なら単にポリアミドと表現します。

断面構造を見ると、なるほどと思います。
それは側糸がないという点。
通常、芯糸のまわりに細めの側糸を巻きつけています。
それがないので芯の打球感優先になるのでしょう。

以前も似たような製品はありました。
トアルソン「サイバーナイロンPH」や「TNT FATCORE」で
ほとんど芯糸だけで構成されたもので、柔らかで飛びが
よかった印象でした。
TNTファットコアは名品で、すごく軽やかな球飛びなのに
乗っかり感に優れたコントロールしやすい糸でしたねぇ。
いまだに「これよかったよね」というお客さんいます。
それが再現されるのなら価値があります。
posted by goforit at 20:01| Comment(0) | ◆ストリング情報

2017年01月06日

錦織ナイキに契約変更か

今シーズン初戦のブリスベン国際。
ジュニア時代から長年履き続けたシューズを
アディダスからナイキに変更してプレーしています。

その噂は2015年ころからありました。
錦織がナイキやアシックスと接触していると。
まさかウエアも含めてのフル契約になるのでは?
そうなるとユニクロの株価が下がるのではないか?
日本の株価においてのユニクロの比率が大きいため
それは重大なニュースだと大騒ぎに(澁谷の中だけ)。

ナイキの看板選手がフェデラー、ナダルなので
そろそろ次世代スターと契約しておかないと。
そんな思惑が見えました。

本契約はまだのようですが、年始から大きな
ニュースですね。
posted by goforit at 21:18| Comment(0) | ◆気ままな日記